子育てママにぜひ読んでもらいたい、『子連れ防災手帖』

こんにちは、yuukoです。

yuukoが生まれてから記憶している中で、阪神淡路大震災、東日本大震災、そして今回の熊本での地震。

どの地震においてもその被害は甚大で、yuukoも今回微力ながら熊本へオムツやガーゼ等を送りました。

一刻も早く収束してほしいと願うばかりです。

ただ、今回の熊本の地震において、yuukoが真っ先に感じたことがあります。

それは、

「娘をどう守ればいいのか」

ということ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

自分以外にも守るべき存在ができたとき、何かあったときにどうやって守りますか?

娘は現在(2016年4月時点)生後7カ月で、もちろん歩くこともできず自分のことも何もできません。

娘は親である旦那さんと私が守るしかないのです。

自分達は飲まず食わずでも我慢はできますが、娘はできないでしょう。

娘との避難を考えたときに何をすれば良いのか、何を持っていけば良いのか。

色々なサイトを見てみましたが、ピンとこない自分がいました。

おすすめ本「被災ママ812人が作った子連れ防災手帖」

そんなとき、図書館で1冊の本がyuukoの目に留まったのです。

『被災ママ812人が作った 子連れ防災手帖』

借りてその日のうちに読みましたが、

いわゆる「防災グッズ」からでは読み取ることができないリアルな体験やそのときの気持ちが詰まっていて、

胸がいっぱいになるとともに、我が家の防災へも生かそうと誓いました。

ネットでも購入できます。

これからママになるひと、ママ、もちろんパパにもぜひ読んでいただきたい1冊です!!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告