赤ちゃんの急な発熱に!買って良かったグッズをご紹介します

こんにちは、yuukoです!

あれ、後編は・・・?

と思っていただけたでしょうか?(育児ママ’s TIPSご愛読ありがとうございます!涙)

いや、ちょっと頭使いすぎて、疲れたのです。。知恵熱です。

今日は雨が過ぎて昼から晴天になり、暑くて暑くて娘も1日ご機嫌ナナメのかまってちゃん状態でした。

先週、今週とyuukoの友達の子どもちゃん達が熱をだしてしまったとのこと。

これから暑くなり、屋外と屋内の気温差が激しくなってきますので、熱も出やすいのではないでしょうか。

photo by Dustin Iskandar

そこで、今回はyuukoが買ってよかった赤ちゃんの熱対策グッズをご紹介させていただきます♩

スポンサーリンク
レクタングル大広告

赤ちゃんの発熱について

いつもよりグズグズして寝つきが悪かったり(すぐ起きたり、なかなか寝なかったり)。

あれ、いつもと様子が違う・・・?と思っているとみるみる体があつーーく、、、

でも眠たい時の熱さとは違う。体の芯から熱い感じ。

何かおかしい、と思って体温計ではかると、38度・・・!!!!

これがyuuko娘の初めての発熱のときの様子でした。

赤ちゃんが発熱したとき、それがすぐ病院に行くべきなのか、自宅で様子をみるほうがいいのか。

初めてだったら、しかもそれが高熱だったら、ママは心配ですよね。

[adsense]

受診するべき?症状別見分け方

熱が出た・体が熱い場合(全月齢)

服を着せすぎていないですか?布団をかけすぎていないですか?

一度服・布団を減らして少したってからもう一度体温を測りましょう

おうちケアで良い場合(生後3ヶ月以上)

服、布団を減らしても熱が出ている場合、元気で食欲があり、おしっこも出ている(普段と量がそこまで変わらない)ならば、おうちで様子をみましょう。

※水分はいつもよりしっかりと!

診療時間内に受診する場合(生後3ヶ月以上)

咳や鼻水、嘔吐・下痢や呼吸のみだれ、声が苦しそう、痛がる等の様子がある場合、数日たっても熱が下がらない場合などはおうちケアで様子をみながら、診療時間内に受診しましょう。

※この場合も水分はしっかりと補給しましょう。

診療時間外でも受診する場合(生後3ヶ月以上)

上記症状等があり、ぐったりして機嫌が悪かったり40度以上の高熱がある場合は診療時間外でも受診してください。けいれんを起こした、反応が悪い場合は急性脳炎等が考え得るので、至急受診してください。

下痢・嘔吐に伴う脱水症状・呼吸困難は命にかかわります。

なお、yuuko娘はぐったりとして機嫌も悪く、熱もどんどん上がって(最終的には39.5度)きたので、診療時間外受診をしました。

旦那さんが出張でいなかったため、1人娘をかかえて車で救急に・・・本当に死にそうでした。

診療時間外でも受診する場合(生後3ヶ月未満)

生後3ヶ月未満の赤ちゃんで38度以上の熱がある、または、せきや鼻水が出ている場合は、診療時間外でも受診してください。

生後間もない場合は、肺炎等も考えられます。

「おうちケア」でしたほうが良いこと

熱がまだ上がりそうなときは体を温め、上がりきったあとは体を冷やす

大人でもそうですが、熱の上がり始めは寒いので、服や布団をふやして体を温めてあげてください。

顔が赤くなったり、汗をかき始めたら、熱が上がりきったサインなので、次は体を冷やして熱を発散するお手伝いをしてあげてください。

首・両脇・太ももの付け根を冷やすと、体温が早く下がります。

また、おでこは保冷にはあまり意味がないのですが、気持ち良い(大人でもそうですよね)ので、してあげると赤ちゃんも心地良いです。

部屋の温度・室温を調整して

夏に風邪をひいた場合、冬に風邪をひいた場合・・・同じ風邪でも天候によっては室温・湿度は様々です。

赤ちゃんの体幹(背中やお腹)が冷たければ暖かく、汗ばんでいれば室温を下げましょう

30分~1時間おきに赤ちゃんの様子をみながら、こまめな調整をしましょう。

また、湿度は50~60%をキープして、2時間おきに窓を開けて換気しましょう。

汗をかくのでこまめに服を着替えさせて

赤ちゃんは30分もすれば汗で服がしっとり・・・なんてことも。

なるべくタオルで拭いてあげたり、汗で濡れた服はこまめに着替えさせてあげましょう。

また、服だけに気をとられず、ひじやひざの内側・頭も汗でジットリしていますので、水で濡らしたタオル(しっかり絞る)で拭いてあげてくださいね。

離乳食は消化の良いもの・赤ちゃんが食べやすいものを

熱のときに食欲がない・・・というのは大人もよくあること。

もちろん赤ちゃんにも食欲がない、というのはよくあることです。

離乳食を食べないからといって、焦ったりせず、おかゆ等の消化の良いものや、ヨーグルトやバナナ、みかん等赤ちゃんが好んで食べるものにしましょう

もし嘔吐してしまった場合は、しばらく体調が良くなるまでは食べさせないでください。

水分を取っても吐かなくなってから、少しづつ食べさせましょう。

もちろん、食欲があればいつもどおりの量をあげましょう。

※咳をしているときはノドが痛い場合もありますので、1回の量を減らし、回数を増やす等しましょう。

水分補給は積極的に

発熱したときは、汗となって水分がどんどん体内から出て行ってしまいます。

授乳はこまめに回数を多くして与えてください。

体内の水分はまずは汗、次におしっことして排出されます。

なので、おしっこがちょっと・・・では、脱水症状になりかねません。

おしっこがいつもの量~少し少ないかな?というくらいの量になるよう、多めに水分を摂取させましょう。

yuukoは1時間おきに、あげていました。

また、もし嘔吐してしまった場合は30分~1時間程度様子をみて、再度少し与えてみましょう。

買ってよかった熱対策グッズ

また、yuukoが実際買ったものをご紹介します。

かなり重宝しています~!

わきアイス (ケンユー)

これはどのお母さんにも、「回し者か!」って言われるくらい、おススメしてます。

冷えピタも良いのですが、どうしても動いたり汗ですぐ外れてしまうんですよね。

これは脇に装着できるので、外れることはありませんし、脇がヒンヤリして赤ちゃんも気持ち良いようです。

なお、後ろで長さを調整できるので、赤ちゃんから幼児まで長く使用できます!(これ大事ですよね~)

替えの保冷ジェルが計4個ついているので、2個使用している間に残りの2個は冷凍庫でスタンバイさせることができるのが、「さすがケンユーさん!」と拍手を送りたいものです。

また、今日のような日でも暑さ対策としてyuuko娘はわきアイスを着用して気持ちよさそうでした。

冷えピタベビー LION

yuuko娘はよく熱を出します、、、

ケロッとしているときもあるのですが、ゴールデンウィーク中に熱を出したときは、本当に苦しそうでご機嫌もかなり悪かったです。

yuukoは「わきアイス」だけ装着させていたのですが、お隣の友達からこれを貰って娘に貼ってからは少しマシに。

(とはいえ、よく動く&汗ですぐ外れてしまうので、何回も張り替えました。)

LION(ライオン)の冷えピタは赤ちゃんが間違って口に入れても吐き出すような苦み成分が配合されているので、安心です。

(実際自分で額から外してかじりかけましたが、すぐウエーと変な顔をしてました。)

らくらくコックン パパジーノ

液体のお薬を処方されたときに重宝すると思いポチリ。

yuuko娘は驚くほどスプーンが嫌いで、スプーンで食べさせてもらえず、離乳食開始の頃から全部手づかみです。

(もう君はターザンかってくらい、豪快に手づかみ食べ・・・)

たまに、「もうそろそろ大丈夫かな?」と思ってヨーグルトなどをスプーンであ~んさせると・・・

グイッと手でスプーンを押し戻すか、首を振ってイヤイヤします。

おだてて、yuuko娘の気分を良くするとちょっとは食べてくれるのですが、その頃にはヨーグルトは散乱。。

ヨーグルトだったら何回落とされても大丈夫ですが、液体お薬の場合はそうはいきません。

1回に飲む量は限られているので、バシッと手で払い落されると、あとどれだけ飲んだらいいのか、もう不明状態。

ですが、このスプーンは、吐き戻してもスプーンに戻り、1回分をこぼさずに飲ませることができるというyuukoにとっては救世主のような存在!!!

また、液体お薬の時によくやりがちなのが、「いつもの離乳食用のスプーンでお薬を飲ませる」ということ。

赤ちゃんはママが思っているよりもとっても賢いので、この行為によって、以降離乳食を食べるのを嫌がる子もいるみたいです。

(現に、yuuko娘は予防接種のトラウマからか、白衣のお医者さんを見ただけでギャン泣きします。。)

ので、ご飯用のスプーンとお薬用のスプーンは分けるに越したことはありません。

今のところ粉のお薬だけしか処方されていないのですが、来るべきXデーに備えています。

※粉の薬の場合は、少量の水を加えて、練り薬にして赤ちゃんの口内の側面に指で張り付け、赤ちゃんが舌で押し出す前に授乳しています。

ママ鼻水トッテ 丹平製薬

赤ちゃん~幼児期はよく鼻水を垂らすといいますが、yuuko娘もよく垂れています・・・(女の子なのに。。)

いつもは苦しそうじゃなければティッシュでチョコチョコっと拭くだけですが、風邪のときはそうも言ってられません。

ズズ―と息が苦しそうなくらいなので、この「ママ鼻水トッテ」をスタンバイ。

電動の鼻水取り器が良いらしいですが、お高いので、今のところこちらで頑張っています。

赤ちゃんのためのポカリスエット 雪印ビーンスターク

大人も熱の時は汗をかきますが、元々汗っかきな赤ちゃんは更に滝のような汗をかきます。

母乳のみの頃はこまめな授乳で乗り切っていましたが、離乳食が始まった今、熱のときはあまり食欲もなく、機嫌が悪ければ水分すら取ってくれないときもあります。

水分補給だけならばお水やお茶で十分ですが、汗をかいたときに失われるイオン等を補給できるという点で良いかなと。

※普通のポカリスエットを水で薄めても同じ仕様にはならないです。

いかがでしたか?

赤ちゃんの発熱は心配ですが、事前にしっかりと知識をもち、準備をしていればママの不安も少しは解消されます。

また、「ママの勘」はあたるので、「何かおかしい?!」と思えば、診療機関に連絡し、相談してみてください。

早く元気になりますように!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告