手作りおもちゃで赤ちゃんと遊ぼう【ねんね時期編】

こんにちは、yuukoです!

少し前にyuukoの友人が遊びに来てくれたのですが、そのときに言われたこと。

「おもちゃ、少なくない?」

たしかに、yuuko家はあんまりおもちゃは多い方ではありません。

kpgolfpro / Pixabay

あえて少なくしている、というわけではないのですが、少なく思われる一番の理由はぬいぐるみ系がほとんど無いことかもしれません。

yuuko自身そんなにぬいぐるみとかで育った記憶がないので、沢山買うイメージもなく。

当初、yuuko母はyuukoに女の子らしい子に育ってほしくてリカちゃん人形やバービーを買ったものの、ハサミで髪の毛を切り丸裸にしてたらしいです。

で、それ以降見向きもせず。

・・・なんか、心の闇を感じてしまうのはyuukoだけでしょうか。。(自分のことながら)

閑話休題、yuukoは必要であればおもちゃは買ってあげたら良いと思っていますが、ねんね時期の娘を観察してて思ったことが2つあります。

それは、

どんな小さな事にも興味を持ってじーーっと見る(もしくはすぐに飽きて泣く)こと

特にママの行動には興味を持って目で追いかけること

です。

赤ちゃんは、「おもちゃ」だから遊ぶわけではなく、「興味がある」から、目で追ったり触ろうと手を伸ばすんですよね。

なので、大人が良かれと思って「おもちゃ」を買うことは間違ってはいないですが、生まれて間もない赤ちゃんにとっては目に見えるすべてのことが興味の対象(おもちゃ)であり、特に「ママがしていること」自体が興味の対象(おもちゃ)なのです。

※もちろん、市販のおもちゃは長年の経験や利用を通じて、絶妙なおもちゃを販売されています。

実際yuukoの娘も大好きすぎるおもちゃがあります。

その名も「なめられ太郎」。

全然可愛くない(失礼)ので、母としては複雑なのですが、いまだに娘のなかでナンバーワンおもちゃの座に君臨しています。

なので、yuukoとしては、市販のおもちゃと手作りおもちゃの両方で娘の好奇心を満たしていきたいと考えています。

今回は、yuukoが娘のねんね期につくったおもちゃをご紹介したいと思います~。

[adsense]
スポンサーリンク
レクタングル大広告

ねんね時期のyuuko的おすすめ手作りおもちゃ

目で楽しい、触って不思議!プチプチカラフルマット

7か月間使い古したので、色が剥げかかっています。。

これはyuukoのいる市で親子教室に参加したときに教えてもらいました。

用意するもの

ジップロック、プチプチ、油性のカラーマジック、ハサミ

作り方

プチプチに油性のカラーマジックで柄を書き、ジップロックに入れるだけ!

チャックの端は万が一のため、丸くハサミで切ってください。

yuukoは大・小2つ作りました。

赤ちゃんの目の前で右~左とゆっくり動かしてみたり、うつ伏せ練習のときに赤ちゃんの目線ちょっと前に置いてみたり、触らせてみたり。

※赤ちゃんは生まれてすぐは見えにくいので、20~30cm程度のところで見せてあげてください。

※色としては原色(赤・青・黄色)をまずはおススメします。

※プチプチの大きさはジップロックの大きさに合わせて切ると、遊んでいるときにヨレにくいです。

yuuko娘は生後3ヶ月くらいから手で持って舐めたり、生後8ヶ月くらいにはぐしゃぐしゃと手の感触を楽しんでいました。

注意点としては、ジップロックの口がきちんと閉まっているか確認してください(プチプチが出てしまってマジック部分を舐めてしまう可能性を考えて)

ガラガラペットボトル

これは、yuuko娘がペットボトルに異常に興味を示していたため、当初はyuukoが飲んだ後の空のペットボトルを持たせたりして遊んでいました。

が、外出先で空のペットボトルで遊ばせているのもちょっと恥ずかしいなぁ・・・と思い、ペットボトルをガラガラ風にアレンジしてみました。

用意するもの

空のペットボトル(小さい方でも大きい方でも大丈夫です、お好みで)、カラフルなボタンまたは大き目のビーズ、ビニールテープ

作り方

ペットボトルを良く洗って乾かし、カラフルなボタンまたは大き目のビーズを入れます。

ビーズは100均、ボタンは100均もしくは300均で購入できます。

あとは蓋を閉めて、つなぎ目部分をビニールテープ(これも100均)でぐるりと一周巻いて、中身が出てきて誤飲・・・がないようにしましょう。

ちなみに、yuukoは家にあった灰色のビニールテープを使いましたが、違う色をおすすめします(可愛くないので。)

yuukoの友達のママさんはこんな感じに!

ちなみに「M」はベビーちゃんの頭文字なんです。

センスあるなぁ。(わが娘よ、あんまり可愛くないおもちゃでゴメン)

ベビーカーにもつけれる落ちないガラガラ

image

ネーミングセンス皆無ですね。。

先ほどご紹介した「ガラガラペットボトル」は娘のお気に入りなのですが、外出先で落とすこと落とすこと・・・

小さいペットボトルでもやはり赤ちゃんの手に少し大き様子。

なので、少し小さめ&ベビーカーにつけれるような工夫をしてみました。

用意するもの

飲むヨーグルト等のキャップ付きのかなり小さいペットボトル2本、ビーズかボタン、ビニールテープ、太目の紐、キリ等キャップに穴を開ける道具

作り方

①ペットボトルを洗ってよく乾かします。

②乾いたら、カラフルなビーズなどを入れます。

③キャップに穴を開け、紐を通し裏側でほどけないように結びます。それぞれの紐の端をキャップにつなげて、2つのペットボトルをつなげます。

④誤飲防止にビニールテープをキャップ部分を巻きます。

以上です!

キャップに穴を開けるのが少し硬い&道具が必要ですが、小さいので赤ちゃんの手になじむし、紐部分をベビーカーの前に結んだりすることで落ちる心配もありません。

yuuko娘は紐が大好きなので、かなり長めにしていますが、30㎝くらいの短めでも可愛いです。

なお、長めの紐にした場合は、首への巻きつき事故なども考えられますので、遊ぶ場合はしっかりママパパの見守りのもと遊びましょう。

遊ばない場合、少し目を離す場合は、写真のように結んで事故防止してください。

遊んでいる様子を写真におさめとくと、大きくなってから「遊んでくれてたなぁ」と懐かしい気持ちにもなりますよ♪

以上、おすすめ手作りおもちゃでした~☺

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告