【おすすめ本】赤ちゃんとの遊び方と脳への刺激を考える

こんにちは、yuukoです!

昨日・今日と友人が泊まりに来てくれたり、ベビーマッサージで知り合ったママ友が遊びに来てくれたり・・・

(ベビーマッサージの過去記事はこちら

と、娘にとっては「なんだなんだ?!いっぱい人来るな!?!」と大興奮な2日間でした。

yuukoの抱っこなんてほとんど必要なく、

ママ友や同い年のお友達の間を行ったり来たりと楽しんでいると、この10ヶ月でたくさん成長したなぁとしみじみ。。

ベビーマッサージで出会ったお友達も、最初はみんな寝っ転がって、ママにされるがままにマッサージをしてもらっていたのに、

今では「お腹空いた!」「ママ抱っこして!」「眠い!」「とりあえず離れたくない!」と、まー自己主張の豊かなこと。

また遊ぼうね~(と、全世界を通じて言ってみるw)

それにしても、赤ちゃんの成長って毎日毎日の積み重ねがいつの間にか大きな変化になってますよね。

前回の記事で書いたように、ココロの発達にも興味があるyuukoですが、もちろんカラダの発達にも興味があります。

そして、カラダの発達は脳の刺激にも関係してくると考えています。

[adsense]
スポンサーリンク
レクタングル大広告

赤ちゃんのカラダの発達と脳への刺激

赤ちゃんは、「全身センサー」だと思ってます。

「全身センサー」とは、頭の先から足の先まで、そして目で見えること・耳で聞こえること・匂い・ママの雰囲気(怒っているのか笑っているのか等)を全身で「感じ」、それが「脳への刺激」になっているのです。

なので、よく「どんなことでも赤ちゃんにとっては刺激なのよ」と言われたりしますが、

真っ白なキャンパスの赤ちゃんはどんなことでも(それがいわゆる大人にとっては「良い事」も「悪い事」も「なんでもない事」も関係なく)、吸収していく時期なのです。

そしてその吸収による刺激は、「脳への刺激」へとつながるのです。

小さいころから、知育や天才脳を作る・・・といった類の教材や書籍は数多くありますが、正直yuukoはそんなに興味ありません。

あ、もちろん知識としては興味はあります。

でも、yuuko娘を天才に仕上げたいわけでもありません。

yuukoとしては、成長していく「娘の脳」へ刺激を与える事で、娘の反応や対応を見てみたいなぁという興味のほうがあるのです。

もちろん、赤ちゃんと遊ぶのは楽しいのですが、生後10ヶ月の娘はまだまだ遊びに対する自分の意志がありません。

寝んねの時期・おすわりの時期・ハイハイの時期・・・それぞれ発達レベルによっても遊び方や興味対象、出来ることも異なってきます。

なので、もうちょっと適切な遊び方ができないかなと、この本を久しぶりに引っ張りだしてきました!

おすすめ本『赤ちゃんの脳を育む本』

yuukoが娘を産んですぐの時のことでした。

予備知識で知ってはいたものの、全く無反応な娘。

話しかけても、いないいないバーとしてみても、ガラガラを振っても、「無」・・・。。

今思うと、生後0ヶ月なんてそんなものなのですが、反応のない毎日もなぁ・・・と思い購入したのがこれ!

有名なカヨ子ばあちゃんの旦那さん(有名な脳科学者)が書いた本です。

ちなみに、カヨ子ばあちゃんはこんな人↓

yuukoが持っている本はこの古い方のバージョンですが、

最近、カヨ子ばあちゃんも著者に加わった新しいバージョンが発売されているみたいです!

中身は、こんな感じで成長月齢別の脳の発達状況やおすすめの遊び方・おもちゃが紹介されています。

手づくりおもちゃの作り方やちょっとした遊びを真似して娘と遊んでます♩

「ふむふむ、これは今yuuko娘の脳のシナプスが活性化されてるのね」とか思いながら(娘よ、実験台扱いでゴメン

yuukoが思いもつかない遊び方が紹介されていたりするので、どんどん活発になっている娘にもちょうど良い刺激になっているかなと思っています。

最後に・・・yuukoの持論

赤ちゃんであっても大人であっても、脳への刺激は死ぬまで続くと考えています。

今のところ科学的には0~2歳の頃への脳の刺激は良いと言われていますが、「赤ちゃんの時期」に意識して脳へ刺激を与えなかったからといって人生終わるわけではありません。

yuukoは高校の頃から、「なんでもスポンジみたいに吸収したい」というモットーを持っています。

(ま、たまに忘れますけど笑。)

自分の人生にとって初めてのことは、一般的な時期の早い・遅いなんて関係なく、ちゃんと自分の身につくようにその時に学んだら結果オーライ!

逆に”知ったかぶり”をするほうが自分の人生にとってマイナス!

赤ちゃんへの刺激は大事にしてあげたいですが、脳への刺激にこだわりすぎず、

赤ちゃんがこれからの長い人生、いかに積極的にたくましく過ごしていけるか、というココロの持ち方を教えてあげることも大事だなと思っています。

(ちなみに、yuukoの目標は、「無人島でも生きれる生命力を持った子に育てる」です。)

以上、yuukoでした~!

スポンサーリンク
レクタングル大広告