赤ちゃんと一緒に家族旅行に行きたい!【ベストな月齢はいつ?タイミング編】

こんにちは、yuukoです!

旦那さんが久しぶりに長いお休みをいただき、のーんびりしていました♩

yuuko家は、旦那さんの実家もyuukoの実家も比較的近いので、一気に日帰りでお墓参りをし、

2泊3日で家族3人で旅行にも行きました。

独身の時は気ままに旅行に行き、結婚しても思い立ったら吉日とばかりに気軽に旅行に行っていました。

が、

赤ちゃんが生まれてからはパッと旅行に行きたくても、移動時間や宿泊先がネックでなかなか行けない・・・

とはいえ、旅行も行きたい!

という方も多いのでは?

そこで、今回は赤ちゃんが生まれてから旅行に行くタイミングを考えていきたいと思います!

[adsense]
スポンサーリンク
レクタングル大広告

旅行に行きたい・・・どこに行く?

国内か、海外か

yuukoは元々旅行といえば断然、海外旅行でした。

ヨーロッパや東南アジアが多かったです。

それにしても・・・

お金使ったな~~~貯めていたら結構な金額だな~(遠い目

反対に、旦那さんは国内旅行が多かったみたいで、ほとんどの都道府県に行ったそう。

(あと行けてないのは、沖縄だけらしいです)

最近では、海外でのマタニティフォトも人気。

その流れで生まれてしばらくして家族で海外旅行に・・・というパターンもあるそう。

それに、2歳までは飛行機代が格安、ということもあり、

「育児休暇中に行っとこう!」というママもいる模様。

もちろん、yuukoも赤ちゃんと海外旅行、行きたいです。

でも、「今はまだ早い」と思っています。

赤ちゃんと海外旅行に行くタイミングは、いつ?

yuukoの娘は現在生後11ヶ月です。

yuukoとしては、

娘が自分の体調(頭が痛い、お腹が痛い等)を自分の口で言える、

もしくはジェスチャーで伝えれるようにならないと、

海外に連れていくことは危険

と考えています。

というのも、いくら昔と比べて海外が身近になり、ある程度のコミュニケーションが通用したり、

ネットが普及しているとはいえ、

「海外」であることに変わりはありません。

万が一、娘に何かあったとき、日本語が公用語でない国では、

娘の体調・症状・どうしてほしいか・どのような処置をしてくれるのか・危険性が無いか

といったことを迅速に伝え、また聞くことが困難だと思っています。

今、この日本にいても、自分の赤ちゃんがグッタリとしんどそうにしていると、

普通の熱か、もしくは特殊な病気か、と心配しませんか?

子どもの体調は変わりやすいです。

今まで元気だったのに、急に機嫌が悪くなり、高熱を出してしまう事もよくあります。

なので、yuukoとしては自分の体調を自分の言葉で言えない・ジェスチャーで伝えることができない時期は、

無理に海外に連れていく必要がないと考えています。

じゃあ国内旅行・・・どこに行く?旅行に良い月齢は?

というわけで、娘が生まれてからはもっぱら国内旅行専門になったyuuko家。

おすすめの月齢・行先や方法についてご紹介していきます!

国内旅行へのおすすめ月齢は?タイミングは3回!

yuukoが妊娠中、先輩ママさんに教えてもらったことは、1歳までの旅行でおススメのタイミングは3回ということでした。

それは

①首が座り、離乳食が始まる前

②1回食が始まって慣れてきたとき

③2回食が始まって慣れてきたとき

の3回です。

首が座って離乳食が始まる前といえば、生後4~6ヶ月頃でしょうか。

yuukoもこの頃に三重県に2泊3日で旅行しました。

この頃は、まだまだ育児にも慣れてないので、旅館のお風呂(部屋に付いているお風呂)もドキドキしましたが、

今思えば、食事のことを考えなくてよかったし、娘も寝んね期で動かなかったので、一番楽だったなぁ。

また、1回食の頃にも2泊3日で旅行に行きました。

朝食のみだったので、宿の食事のお粥(朝食バイキングではお粥がメニューとし出ていることが多いです)や野菜を食べさせました。

そして今回の旅行は2回食のタイミングで。

娘は生後11ヶ月なのですが、なかなか離乳食が進まないのですが、なぜか手づかみ食べが好きなのです。

離乳食は赤ちゃんによっては食べてくれなかったり、ベチャベチャと汚したり、もしくは手づかみ食べが好きだったり・・・

と様々です。

家の中でも床に離乳食が散乱するとウンザリするのに、外出先で汚されるとママのストレスがマックスに。。

朝・夜は宿泊先の旅館で食事をすることにしました。

国内旅行の行先・方法

国内旅行とはいえ、北は北海道・南は沖縄まであります。

yuukoとしては、1歳くらいまでは自家用車もしくはレンタカーでの旅行をおすすめします。

車で行くメリットとしては

荷物が多いので、電車で大荷物を抱えて移動しなくても良い

授乳・オムツ替えの場所を考えなくても良い

グズって泣いたりしても周りを気にしなくても良い

が挙げられます。

旅行となると、赤ちゃん自身も見知らむ空間・場所・人に会うことで敏感になってしまい、

いつもよりグズったり、興奮したりすることが往々にしてあります。

また、そんないつもと様子の違う赤ちゃん同様、ママやパパもいつもより疲れてしまいます。

そんななか、

バカでかい荷物を抱えたり、授乳・オムツ替えができる場所を探したり、泣いてしまった赤ちゃんを抱えて周囲に気を遣う・・・

かなりの体力と精神力を消耗します。

「お座りしようね」とか「静かにしようね」といった親の言葉をなんとなく理解する1歳以降になるまでは、

赤ちゃんのためにも、そして何よりパパとママのために、目的地まで車での旅行をおすすめします。

車での旅行で気を付けたいこと

いざ車で旅行・・・

その前に、気をつけたいことがあります。

先ほど車での旅行のメリットを挙げましたが、

もちろんデメリットもあります。

デメリットとしては、

ずっとチャイルドシートに乗っていると、赤ちゃんが飽きてしまう

ということが挙げられます。

これ、かなり厄介です。(泣くし・・・

yuukoがとっている対応策としては、

なるべく娘が遊んでくれるオモチャを多めに持って行く

休憩を頻繁にとり、外の空気に触れさせることで娘をリフレッシュさせる

朝寝・昼寝のタイミングを見計らって長距離の運転を行う

です。

現在生後11ヶ月の娘にとっては機嫌が良くても1時間~1時間半程度チャイルドシートに乗っていると飽きてしまうので、

娘が飽きたタイミングをみて、10分~30分程度のトイレ休憩を入れたり食事をしています。

サービスエリアのお土産をみたり、もしくはコンビニで少し商品を見るだけで娘もリフレッシュするので、

このリフレッシュ時間はかなり大事です。

旅行先までの距離

また、旅行先も片道3時間~5時間の距離に留めることも大事です。

ベストは片道3時間程度ですが、

朝3時間・昼以降2時間程度の運転でも赤ちゃんによっては少しグズる時間もあるかもしれませんが、

yuukoの経験上まだ大丈夫な距離だと思います。

それでは、次回は赤ちゃんとの旅行に必要な持ち物についてご紹介します♩

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告