赤ちゃんと京都五条坂陶器まつり2016に行ってみたよ!

こんにちは、yuukoです~!

今日は、家族で『京都五条坂陶器まつり』に行ってきました!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

『京都五条坂陶器まつり』って?

京都五条坂陶器まつり』とは、京都の夏の風物詩といわれ、400店を超える陶器のお店が並びます。

若手の作家さんや、有名な作家さんまでがずらりと一堂に会するこのイベントでは、いつもよりお安く買えたり(値段交渉もできるらしい!)、作家さんに色々話を聞くことが出来るので、yuukoもずっと行きたいなと思っていました。

が、実はこのイベント、

別名『灼熱祭り』と言ってもいいくらい、毎年尋常じゃない暑さ。

今年の初日もなんと38℃という天気予報・・・・!!!

(38℃て!!!高熱レベル!!

炎天下での開催となるので、お客さんもさることながら、お店側も日を重ねるごとに疲労困憊になるという。。(そりゃそーだ

そんなイベント、生後11か月の赤ちゃんを連れて行ってきました。

[adsense]

いざ、陶器まつりに!のその前に

 開催場所について

開催場所は、京阪の清水五条駅から清水寺に向かう五条通り一帯です。

娘は授乳&オムツが必要な月齢なので、電車ではなく車で現地まで行き、近隣に駐車することに。

※コインパーキングも開催場所に近づくにつれ満車ばかりになっていましたので、停める場所には注意してください。開催場所に近い場所が良い場合は開始時刻頃に行くことをおすすめします。

事前に欲しいものをピックアップしよう

とりあえず行って陶器を眺めながら欲しいものがあれば買う…というのも良いのですが、なにせ炎天下。

娘の体力も考えて、まずは見たいものをピックアップすることに。

今回yuukoが欲しいものは、

お茶碗(今使用しているものが割れそうなので)

珈琲が飲めるコップ

大皿(黒色、もしくは六角形や八角形といった角ばった形)

アイスなどのデザートや副菜が盛れる小鉢

です。

服装、持ちものなど

まずは、準備万端に!

人混みが予想されたので、ベビーカーはやめて抱っこ紐&日傘に。

以前ご紹介した「三種の神器」もバッチリ!

今回は、娘とyuukoの間にも大きな保冷剤を入れてます。

また、忘れてはいけないものは、娘と大人用の飲み物を多めに。

yuuko自身も腕には自動車を運転するときに使用している日焼けカバーを着用。

yuuko達が到着したのは10時30頃でしたが、すでに多くのお客さん!

本当は日差しが緩む夕方以降に行くのが良いみたいですが、娘の晩御飯や睡眠時間もあるので断念。

ちなみに、買った陶器を入れるエコバッグ持参をおすすめします~!

ガッツリ陶器を買いたい方は、陶器の重たさや持ち歩く距離を考えるとリュックサックのほうが良いですよ。

yuuko達は暑いので「30分で帰る!」と言っていたのですが、結局会場を一巡したので車に戻ったのは12時半ごろ。

ガッツリ2時間いました(娘、ありがとー!

今回買えたものはこちら!

お茶碗はコレ!というものがなかったので、また今後探して行きたいと思います。(割れる前に。。

まとめ

この暑い中2~3時間炎天下の下にいるには、

水分補給

保冷対策

そして何より無理をしないこと

を守ってくださいね!

特に汗をたくさんかくので、yuukoは娘に水分を20分置きには勧めて飲ませていました。

(娘も普段はおっぱい星人でその他の水分はイヤイヤすることが多いのですがゴクゴク飲んでいました)

以上、赤ちゃんとお出掛けでした?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告