【時短】これ無しでは生活できないかも…ブラーバ380jを1ヶ月使ってみた【レビュー】

こんにちは、yuukoです。

yuukoは現在保育所の空き待ち状態で、いつ入所できるか決まっていません。

とはいえ、入所が決まると、あれよあれよと仕事復帰になるので、

今のうちに復帰したときのことを想定して朝準備してみたり・・・とイメトレは欠かせません!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

仕事復帰後に感じるであろうストレス

そんなyuuko、仕事復帰後のイメトレをしていた中で、大きくストレスに感じたことがあったのです。

それは、

家に帰ってきて、床や机にいらない紙・見ていない郵便物、よくわからない荷物が散乱していること
床にホコリや髪の毛が落ちていること

この2つがyuukoにとってのストレスポイントだったのです。

ストレスポイントを無くすことが無理なら、減らすことを考えよう

荷物の散乱については、完全に

「yuuko、ちゃんとしなさい」レベルなのですが、

床のホコリや髪の毛については、どうしようもありません。

育休中の今は昼間に掃除機をかけていますが、仕事復帰した後は・・・掃除機っていつ使えるんでしょう?

朝は掃除機なんてかける暇もない(し、下の階の方に迷惑)。

仕事が終わると娘のお迎え・ご飯準備・ご飯・娘とお風呂・洗濯・寝かしつけ・・・の怒涛のスケジュールのため、

掃除をする時間があるとは思えません。

(あったとしても、娘を寝かしつけた後。掃除機なんて無理かな。)

とはいえ、

疲れ切った体を鞭打って、床拭きやクイックルワイパーをする気力もない。

photo by hityam

そこで、思い切って購入したのが、braava(ブラーバ)


「ほこりが落ちている」というストレスポイントを少しでも減らすことで、快適な生活を過ごすことが目的です。

購入して1ヶ月が過ぎましたので使用した感想と使い方、使う上でのポイントをご紹介します。

[adsense]

使用して1ヶ月・・・かなりイイ!!

yuukoが購入したのは「ブラーバ380j」です。

ブラーバには、「380j」「371j」そして「ジェット240」の3種類類が市場に出ています。

元々ブラーバは「380j」と「371j」の2種類でした。

この2つの違いは、

「急速充電ができるかできないか」の差です。

また、最近新しくでた「ジェット240」は、この2種類とは形が異なる・小回りがきく・噴射による水拭きが可能になりました。

結論としては、yuukoは使用スタイル上、急速充電ができる「ブラーバ380j」を選びました。

(使用スタイルについては後ほど。

※普通充電は4時間、急速充電は2時間必要です。

使用方法

まずはブラーバの使用方法です。

ブラーバ380Jは、ウェットモード(水拭き)とドライモード(乾拭き)の2つの方法があります。

2つとも設置方法は同じなので、ウェットモードをご説明します。

この中に水をいれます。

青色の専用ウェットマットも水で濡らして軽く絞り、セットします。

セットもマジックテープのように引っ掛かる仕様。

本体に引っ付けて終了!

あとはボタンを押して掃除スタートです。

あ、その前に、この黒の物体(NorthStarキューブ)を設置します。

これでブラーバ本体がより正確に掃除ができるようガイドします。

yuuko家では、ダイニングの机付近に置いています。

あっ、椅子に…

と、何度か当たったのち、スイーと回避(椅子にぶつかっても椅子が痛まない仕組みになっているようです)

廊下も快適にスイー

1時間~2時間程度で音楽とともに掃除が終了します。

うっ…

お目汚しすみません…

これでも、掃除機をかけた後なんですけど。。

また、ドライモードは専用の繰返し使えるドライシートの他に、クイックルワイパー等のシートも使用できます!

ちなみに、まったく丸一日掃除しなかったときにドライモードを使った結果…
…みます?

……ひきません?

ギエーー!!!!

きったない…!!!!!

本当にお目汚しすみません。

これを見てしまうと、ますますブラーバが手放せなくなってしまう今日この頃なのです。

使用スタイル

yuukoは仕事復帰した場合、掃除機をかけるのは週末のみになります。

なので、平日においては・・・

朝出勤のタイミングでブラーバ稼働(ドライモード)

夕方帰宅してすぐに充電

寝る前にブラーバ稼働(ウェットモード)

翌日起床時にすぐ充電、ウェットマットは手洗いして干しておく

というタイムスケジュールになります。

急速充電を行うことで2時間で充電できるのですが、朝起きて充電して出勤時には十分充電できてる感じです。

また、ブラーバの製品上、基本的にはずっと充電し続けている必要があるので、充電完了まで2時間も費やしたことはなく、

せいぜい30分~1時間程度で充電完了となっています。

(今は育休中ですが、外出時は上記のようなタイムスケジュールで動いています)

使用する際のポイントまとめ

yuukoが実際ブラーバを1ヶ月ほぼ毎日使用しているなかで感じたことをまとめると・・・

充電器付近から開始するよりも、一番きれいにしてほしいところからスタートする方が良い

ドライモード使用時は、付属のドライクロスよりも、クイックルワイパーのシートを使う方が楽(使い捨て)

まんべんなく掃除はしてくれるけれど、細かい部分や部屋の隅は無理

床はなるべく何も置いていない状態が良い

赤ちゃんは気になって仕方ない(というか、触ってブラーバの動きを妨げる)ので、寝た後やお出かけ時に使用する

キューブの置く場所はちょっとずつ微調整して、ベストポジションを探る(とはいえ、それが難しい)

さすがにご飯の食べこぼし等はブラーバ使用前に掃除しておく

というところでしょうか。

また、唯一感じているデメリットとしては、

洗面所部分の少しの段差で、ブラーバが入っていかない

リビング横にある畳の部屋に、入っていってしまって動けなくなり止まっていることがある(入っていかないときもある)

です。

ブラーバは段差に反応し、そこから先に進まない設計になっています。

とはいえ、yuuko家のマンションの設計上、少し段差(といっても1cmもない)がある洗面所部分にはブラーバは行きません。

本当は洗面所は髪の毛とかよく落ちてるから掃除してほしいんですけどね・・・

また、逆に掃除してほしくない畳の部屋にズイズイ進んでしまい、途中で畳に引っかかって誤作動をおこして止まってしまっていることも。。

入っていってほしくない場所は閉める・障害物を置いておく等の対策が必要です。

結論

yuukoとしては、ブラーバは買って大正解でした!

もちろん、安い買い物ではなかったですが、それ以上にホコリやゴミを気にすることが格段に減ったことで、ココロのストレスが減少しています。

(ホコリがあるのを見ないフリするのはストレスですからね・・・

仕事復帰後はますます活躍しそうです~!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告