【子どもの遊び場】なんばパークス南側、ヤマダ電機LABI1なんば店にあるプレイグラウンド『Yukids Island(游キッズ愛ランド)』が秀逸すぎて、毎日行きたいレベル!

1才になり、歩くのが楽しい・身の回りにあるもの全てに興味津々となった娘。

もはや、家の中・家にあるオモチャはつまらなくなってしまったようです。

こんにちは、yuukoです。

ちょっとしたオモチャを渡しているとじーっと観察したり舐めてみたりと遊んでいた時期もあったのですが、今ではポイッと投げ、「遊んで~」とyuukoの足にからみついてきます。

photo credit: donnierayjones Fish Face on a Swing via photopin (license)

なので、最近のyuukoは娘の遊び場を求めてあちこち行くように!

今回は、なんばパークス南側に位置するヤマダ電機LABI1なんば店4階にある

『Yukids Island(游キッズ愛ランド)』というプレイグラウンドに行ってきたのですが、かなり楽しかったので、その様子をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

『Yukids Island(游キッズ愛ランド)』レポート!

YukidsIslandは、なんばパークス南側に位置する、ヤマダ電機LABI1なんば店の4階にあります。

思っていたよりもかなり広く感じました。

当日は、運動会の振り替え休日の日だったようで、「普段よりも年齢の大きい(4~6才)お子さんが多いですが大丈夫ですか?」と受付のお姉さんに聞かれましたので、普段は小さい子も多いようです。

入園の対象年齢・気になる料金など

営業時間:10時~21時(受付は20時30分まで)

入園対象:0才~未就学児童まで

利用料金:保護者は無料で、子どものみお金が必要(なんて良心的♡

コースは「300円コース」と「500円コース」の2コースがあります。

300円コース」は、20分間の利用ですが、200円を追加すると「500円コース」に後からでも変更できます。(これは便利!ついつい時間制限がオーバーしてしまう事ありますもんね)

500円コース」は土日祝日は60分間の利用ですが、なんと、平日は時間無制限で遊べてしまうのです・・・・!!!

つまり、2時間いても3時間いてもワンコイン!

良心的過ぎて、びっくらぽんです。

これなら、土日祝日でもパパにちょっと見ておいてもらって、ママはゆっくり1時間なんばパークスで買い物もできますよね♡

利用時の注意事項・気になること

入園の際の注意事項です。

ご飯は食べれません。

食べ物の持ち込みは禁止です。飲み物に関しては、中にあるベンチのところでのみOKです。

一度お昼を食べに行ったりして戻ってこれる?

トイレ以外の再入場は原則NGです。(授乳はOKでしたよ)

オムツ替えスペース・授乳室は?

オムツ替えスペースは、同じフロアのトイレにあります。

また、授乳室は別の階になるのですが、1階と2階にあるので、授乳も安心です♩

ヤマダ電機のポイントカードでポイントが貯まります

ポイントカードをお持ちなら、ぜひカードを持参してください!(携帯電話の番号検索もできます)

もちろんその場で入会することもできます^^

延長料金には気を付けて

平日の場合は、500円コースなら時間無制限だし、300円コースでも時間を超えても200円を追加で支払えば、時間無制限になりますので、実質1人の子どもにつき500円以上のお金がかかることはありませんが、要注意なのは土日祝日です。

500円コースでも60分の使用が上限となっていて、時間呼び出しもないので、ママ・パパがしっかり時計をみて時間管理しましょう!

※延長料金は1時間ごとに500円です。

実際の遊び場はこんなとこ!

さて!

実際の遊び場はこんな感じです。

どの遊具もユラユラ動いていたりして、大人が見ても楽しそう!

ボールプールもかなり大きい!

子どもに大人気だった車!娘もずーっと運転していました。

危ないので気を付けてみていましたが、この日いたお兄ちゃんお姉ちゃんは気をつけて避けてくれてました。ありがとう~!

トランポリンなのですが、床部分に水が入っていて何とも言えない感触で楽しいみたいでした。

なお、奥に見える風船が風で上下するスペースや、ボールにつかまってグルグル動くアトラクションなど、もう少し大きくなると楽しめそうなものも!

かなり大きな滑り台も。

yuuko娘は全く上に登ろうとしませんでしたが、1ヶ月違いの1才2ヶ月のお友達は、なんと自分で登って自分で滑るという身体能力の高さをみせてくれました!すごい!

その他にも様々なアトラクションがあり、その多くが動いていて、遊んでいる子供たちもすごく楽しそうでした♩

思いっきり楽しむために・・・気をつけたいこと

実際yuukoが行ってみて感じたことは、

子どもの服装は、動きやすい格好で!

ワンピースとかも可愛いですが、遊びまわるには邪魔なようなので、ぜひズボン・レギンス等の動きやすい格好でいきましょう。

ママの服装も、子どもが小さいうちは動きやすい格好で!

4~6才くらいのお子さんのいるママ達は近くのベンチや椅子で座って遠くで子どもを見守っている方が多かったですが、3才までは一緒について回ることをおすすめします。

なので、何かあったときや、子どもの動きについていけるように、ママもパンツスタイル等の動きやすい服装のほうが何かと便利!

着替え・上着は忘れずに

たくさん動いたりすると汗をかいたりするので着替えは必須です。

また、建物内は冷房が効いていて少し寒いようにも感じましたので、薄めの長袖シャツ・長袖の上着を持参することをおすすめします。(上着もカーディガンなど、動きやすいものに

なお、じーっと見守っているママが実は肌寒く感じたりしますので、ママの上着も持って行きましょう。

貴重品等は身につけれるように、小さめバッグを用意する

赤ちゃん・子ども連れだとオムツやお着換え、ご飯やおやつ等で大きめバッグになりがちです。

yuukoが行った平日は、そこまで混雑もしていなかったので、大きなバッグは端っこの邪魔にならないところに置かせてもらって、貴重品や水筒・タオルなどの必要なものを小さめバッグに入れて持ち歩いていました。

土日祝日は混雑が予想されますので、ぜひマザーズバッグはリュックサックで行く方が良いと思います。

遊んでいる最中も水分補給は忘れずに

見たことのない遊具に興奮して遊び続ける赤ちゃん・子どもが多いと思いますが、遊んでいるということは、いくら冷房が効いている室内だからといって汗をかいていないわけではありません。

合間をみて、水分補給を心がけてください♩

>赤ちゃん・子どもの水分補給に関する過去記事はこちら

全国の『Yukids Island(游キッズ愛ランド)』の店舗

今回yuukoはなんばパークス南側のヤマダ電機LABI1なんば店内にある「Yukids Island」に行きましたが、全国数多くの施設で展開されているようですので、お近くの店舗はこちらから検索してみてください。

娘もかなり楽しそうだったので、また行ってみたいと思います~!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告