赤ちゃんとお出かけ。曽爾高原(そにこうげん)にススキを見に行ったので、おススメスポットやコツをご紹介します

こんにちは、yuukoです。

家族3人で曽爾高原までドライブしてきましたので、行き方やおすすめスポット等を紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

曽爾高原、場所はどこ?行き方は?

曽爾高原(そにこうげん)は、奈良県宇陀郡にある、ススキで有名なスポットで、例年10月下旬~11月下旬がススキの見頃となっています。

(画像は国立曽爾高原青少年自然の家HPよりお借りしました)

位置としては、ちょうど奈良県と三重県の県境です。

交通手段としては、車・電車があります。

電車ならば近鉄名張駅からバスで45分、車ならば大阪から2時間弱で行くことが出来ます。

娘が1才ということもあり、長時間バスや電車に乗るのはきびしいので、今回は車で行ってきました!

曽爾高原ってどんなところ?

(画像は近畿日本鉄道HPよりお借りしました)

曽爾高原は一面がススキで覆われた草原となっていて、青少年自然の家があったり、曽爾高原ファームガーデン等の立ち寄って遊ぶことが出来る場所もあります。

yuuko達は車で近くまで行って少し歩いただけだったのですが、ハイキングの格好をした方が本当にたくさんいらっしゃいました!

娘が大きくなったら家族でハイキングも楽しそうだな~

曽爾高原、おすすめスポットと気をつけたいこと

曽爾高原に到着する前に

子どもと一緒に行く場合は、朝~3時迄がおすすめ!

実は、曽爾高原は夕方以降ライトアップがあり、夕焼けとともにススキがキラキラと輝いてとても幻想的な風景になるんです。

・・・が、その分、混雑もピークに。

実際yuuko達は昼すぎに到着し、3時頃に帰ったのですが、その頃には駐車場待ちの車で大渋滞していました。

昼でも十分素敵な風景を見ることが出来ますので、渋滞疲れ・子どものグズリを考えると、お昼頃に楽しむ方が良いですよ。

曽爾高原ファームガーデン

曽爾高原に行く前に立ち寄るスポットとしては、曽根高原ファームガーデンがあります。

こちらは、産直野菜や、お土産、それに炊き込みご飯・こんにゃく煮などが数多く販売されていました。

またゆっくり座って食べる席が十分用意されていました。

yuuko達は事前にお昼を食べていたのですが、こちらでお昼を食べてもよかったな~と思います。

さあ、車を駐車場に・・・気を付けて!無料と有料がありますよ

yuukoは曽爾高原のすぐ近くの駐車場まで車で行き、600円(バイクは200円)支払ったのですが・・・・

無料の駐車場があったのです

しかも、

すぐそばに。(ガ――――ン

有料の駐車場に行くまでに、反対車線側つまり右手側に無料の駐車場があります。

ただ、「P」とも「駐車場」ともどこにも書いていないので、通り過ぎて有料の駐車場に行く人が多いと思います(yuukoもそうでした)

目と鼻の先で600円を支払わなくても良いのなら・・・・

無料に停めますよね~。

ぜひ気を付けてください!

曽爾高原から帰るときに

曽爾高原から帰る際に、ぜひ立ち寄っていただきたいところが、3つあります。

曽爾高原を降りてすぐの焼き餅屋さん

曽爾高原を歩き、さー車に戻ろう・・・と坂道のすぐ下に、焼き餅屋さんがあります(屋台)

「くり味」「草餅」「紅芋」とあともう1つの味(忘れました・・・)の4種類が売っていて、「くり味」を買ったのですが、まーーー美味しいこと!

中に栗餡が入っているのかと思いきや、細かく刻んだ栗が混ぜ込まれているお餅で、外はカリッと中はモチ~~ッとしていて、すっごく美味しかったです。

ただ、味はモチ米の味・・・という感じで甘くはありませんが、なんともいえない懐かしい気持ちになりました。

※曽爾高原の散策ルート内にありますので、行くときにも通ります。

曽爾高原湧水 名水販売所

曽爾高原の駐車場を出て5分もしない所にありました(進行方向左手です)

20リットル100円で購入できるとのことなので、ぜひ車で行くときは水タンクを持って行ってください!

道の駅 針テラス

名阪国道針インターにある道の駅です。

ここには野菜はもちろんあるのですが、たこ焼きとお好み焼きが美味しいのです~!(え

外にある、「たこやき 道頓」です。

帰るときは小腹がすくと思いますので、ちょうどいいんですよね~。

もちろん、曽爾高原も楽しみましたよ

娘も初めてのススキの感触に大興奮!

なぜかハイハイしまくって服が土だらけになっていました。。

ぜひ、お出かけシーズンの今、曽爾高原まで足を運んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告