収納グッズを買おう!・・・その前に。必要なサイズが一目瞭然、アプリで管理が便利でおすすめ

こんにちは、yuukoです。

いやはや、すっかり肌寒く・・・を通り越して普通に寒くなってきましたね。

さてさて、yuukoの娘が今月から保育園に通うことになり、yuukoもとうとう職場復帰することになりました。

慣らし保育の後に復帰となるのですが、この1年のブランクから無事働くことができるのか、かなり不安です。

とはいえ、復帰を目前に、家の掃除・片付けを精力的に行っています。

laterjay / Pixabay

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ついつい買ってしまう収納グッズ。上手に使いこなせていますか?

最近は、家を建てたりするときに、建付の収納棚を作ったりしているご家庭も多いようですが、yuukoはすでに完成しているマンションに入居したので、元々棚がある・・・という家ではありません。

なので、納戸のなかに棚を置いたり、押入れにボックスを入れたり・・・と収納グッズを駆使してなんとか上手に収納しようともがいています。

少し前は、

おしゃれな人の家はすっきり整理されている

そんな人は無印良品の収納グッズを活用している

私も無印の収納グッズが欲しくなる

買う

結果、モノが増える・・・アレ?

というよくわからない状態になっていました。

お恥ずかしながら、yuukoは無印良品の収納グッズさえ買っておけば、すっきり暮らせると勘違いしていたのです・・・

収納グッズを買うときの大事なポイント・・・何をどう入れて、どう使いたいのか?

yuukoのような勘違いヤローにならないためにも、収納グッズを購入する際の大事なポイントは2つあります。

まずは、

何を入れるのか?

これは当たり前ですよね。

でも、「何を入れるのか」をしっかり考えずに、「とりあえず必要そうだから」という感覚だけで収納ボックスを買ってしまった経験はありませんか?

その収納ボックスに、本当に全部入れたいものが入りますか?

入るけれど少し大きすぎ・使いにくくないですか?

もしくは小さくて結局もう1つ必要だったりしませんか?

でも、ただ単に「入れる」のではなく、「どういう状態で収納するのか」ということを考えてください。

縦入れが良いのか、横入れが良いのか、もしくはさらに収納ボックスの中を細かく仕切った方が良いのか・・・

上からポイポイと入れていくだけが収納ではありません。

大きい収納ボックスにガバッと入れる方が良い場合もあるけれど、その逆で小さい収納ボックスに分けて収納したほうが良い場合もあります。

また、その際に考えておくべきことなのは、

どう使いたいのか?

ということです。

同じ収納でも、

毎日使用するもの

月に1~2回のもの

風邪や怪我等の緊急時に使いたいもの

年に1回も使用しないもの

・・・と、

入れるものによって、収納方法が変わってきます

毎日使用するものなのに、使い勝手が悪い入れ方・収納方法をしていると、結局収納せずに出しっぱなし・・・ということになってしまいますよね。

なので、

使用頻度が高いものほど、簡単に取り出せて・簡単に収納できることが重要なのです。

裏を返せば、年に1度など使用頻度の低いものは少し取り出しにくい場所(高い場所や奥)に置いていてもOKということになります。

いざ収納グッズ購入・・・!!って丁度のサイズを覚えておくにはアプリ「写真にメモ!」が便利です

さて、そんな心構えのもと、取り出しやすいか・収納しやすいかを検討し、いざ「収納グッズを買おう!」となってもなかなか見つからないことありませんか?

大きい棚などは購入したものの、その中に入れる小分けのボックスだったり、ちょっとした隙間用の小さい収納グッズはなかなか見つからなかったりします。

ふとした外出のときに良い感じの大きさの収納グッズを見つけても、

「・・・たぶん25センチくらいだったような~~~」

と、記憶もあいまい。

そんなときのために、携帯のメモ機能に長さなどをメモっていても、「どこからどこまでの長さだっけ?内寸?外寸?」と悩んでしまうことも。

そう、人間って意外に記憶があいまいなんです。

自分の家だけど、いざというときに、「あれ、どんな隙間だったっけ?」と思うこともしばしば。

そんなときに便利なのが、【写真にメモ!】というアプリです。(写真右下)

これは写真を撮って、写真上に長さをメモすることができるアプリなんです。

アプリ「写真にメモ!」の使い方

実際インストールして使ってみましょう。

使い方のコツ

欲しい棚の写真を撮り、長さを測っておく。

ただこれだけ!

矢印やコメントなども色を変えることができるので、見やすくなります。

これなら、写真を見て、「あぁ、そうそうこんな棚に入れる入れ物が欲しかったんだ」と簡単に思い出すことができます。

ちなみに、yuukoはこの棚を緊急棚(大人用の風邪薬や娘用の風邪グッズを置いて、誰にでもわかりやすく・取り出しやすく)にする予定です。

これなら、娘が発熱してしまい、yuukoが仕事からすぐ帰宅できず旦那さんや親・義両親に看病をお願いすることになっても、この棚を見てもらうと問題ないのでは、と考えています。

(「体温計はここで、鼻吸引器はこっちで・・・」と毎回説明するのが手間ですからね)

また、yuukoはこのほかにも、

実家の使えそうな収納グッズを写真に撮って長さを測っています。

こんな感じです。

今すぐは必要ではないのですが、後々自宅の収納グッズを購入する際に、「これだったら実家の収納グッズを使えるのでは?」と一旦考えることにしています。

収納グッズもそれなりにお値段しますからね。

また、メモ以外にも整理整頓についてのコラムも充実しているので、時間があるときに参考にしていますよ。

ぜひ参考にしてください♩

スポンサーリンク
レクタングル大広告