セカンド抱っこ紐として買った『モンベルのポケッタブルベビーキャリア』が”おすすめ”だった

こんにちは、yuukoです。

月1の更新ペースにもかかわらず、毎日見に来ていただいてる方がドンドン増えていて、めっちゃ感激してます・・・涙。ありがとうございます。

この1ヶ月のyuukoは・・・というと、

年明け早々、旦那さんの熱→娘の熱→yuukoの熱→yuukoの熱→娘の熱(今ここ)

という、悪夢のような1ヶ月でした・・・というか今も。

今日もyuukoは有休です・・・もう水曜日~。

娘が昼寝してる間に、久しぶりに更新したいと思います。

本題にまいりましょう♩

スポンサーリンク
レクタングル大広告

抱っこ紐は1つで十分だと思っていたyuuko

yuukoは、自分でいうのもなんですが、あんまり子ども用品を買いません。

先輩ママ達の助言もあり、「必要になったときに買おう」というスタンスです。

とはいえ、娘は抱っこ大好き星人。(今は生後1才4ヶ月)

なので、ほとんどベビーカーは使用せず、生まれてからは外出のときは抱っこ紐を使用しています。

ちなみにyuukoが愛用しているのは、ベビービョルンのベビーキャリアONEです。

メッシュ素材なので、冬は寒いかな?と思ったのですが、寒い時は抱っこ紐カバーをつけるし、そもそも赤ちゃんは汗っかきなので、冬でもまったく気にならなかったです。

詳しくは過去記事をご覧ください。

抱っこ魔の娘のおかげで、抱っこ紐は子育て生活でなくてはならないものになっていました。

とはいえ、もう1つ追加で買うつもりもなく、娘が歩き始めるまではベビービョルン1つで十分だと思っていたのです。

1才を越えて歩き始めた娘!抱っこ紐からの卒業か?!・・・と思いきや

1才になってヨチヨチと歩きはじめた娘。

「これで抱っこ紐から卒業か~~ちょっとこじゃれた服も着れるな♩しめしめ♩」

と思っていたyuukoですが、現実はそう甘くなかったのです・・・

ちょっと歩いてはすぐ抱っこをしてほしがる

歩くのは歩くんです。

10分くらいはね。

その後は、すぐyuukoの足に絡んできて抱っこ要求です。

つまり、自宅を出て、駅に着くか着かないかの間に、腕には娘がいます。

気分によってはそもそも歩きたくない

そもそも歩いてくれないときも多々あります。

そんなときは、玄関出るときにはもう抱っこ要求です。

そんなときは、ガシガシ歩けるスニーカーに即チェンジです。

グズったら、抱っこしか受け付けません

何かの拍子で娘の機嫌を損ねるものなら、抱っこじゃないと機嫌をなおしません。

一瞬でも立たせようとすると、泣いて抵抗します。

結局、抱っこ紐を持ち歩くはめになったyuuko

結局、ちょっとそこまで・・・といった散歩程度ならば、娘が抱っこ要求をしても、とりあえず抱っこで対処できますが、お出かけや買い物のときには抱っこ紐が必要なことは変わらず仕舞。

仕方なく、抱っこ紐を前にプラ~~ンと垂らして歩くようになったyuuko。(わかります?)

抱っこ紐をカバンに収納したくてもカバンの半分くらい場所をとってしまうので、結局は、エアー抱っこの状態が一番楽なんです。

何かいい方法がないかなぁと思っていたところ、たまたまモンベルで見つけた抱っこ紐がセカンド抱っこ紐として非常に便利だったのです!

モンベルのポケッタブルベビーキャリアの優れている点

モンベルのポケッタブルベビーキャリアはこちらです。

実際yuukoが使用していて、良いなと思った点を挙げていきたいと思います。

ポケッタブル収納

よく、抱っこ紐と別に抱っこ紐カバーを買って(もしくは手作りで)使用されている方もいますよね?

これはそもそも抱っこ紐自体にカバーが付いているので、裏返すことでカバンとして収納することが可能なのです。

青色矢印のポケットにクルッとひっくり返して入れます。

こんな感じ。キレイに入れる必要はなく、ぐちゃっと入れてOK!

コンパクトなので、カバンに入れてお出かけが可能

サイズ感わかりますか?

コンパクトなので、カバンにもひょいっと入れておくことができるので、

前にタラ~~ンと抱っこ紐を垂らして歩く必要が無くなったのです♩

腰ベルトが付いているので、安定感がある

そうなんです、腰ベルトもついているので、安定感は普通の抱っこ紐と変わりありません。

なんなら、肩部分にバックルもついているので、フィット感はバッチリです。

yuukoはベビービョルン派だったので、当初装着時は手間取ったこともありました(装着方法が違うので)が、今では簡単に抱っこできます。

装着方法はエルゴ方式だと思ってください。

簡易だけれど、フードが付いている

エルゴを持っているママはご存知だと思いますが、子どもが寝たとき等にフードをかぶせてますよね?

yuukoが持っているベビービョルンには、無いのでちょっと羨ましかったりしたのです。

そんなフードが、このモンベルのポケッタブルベビーキャリアに付いているんです!

こんな感じです。

グレー部分がメッシュ素材になっていて、髪の毛の多い娘も汗をかきにくい仕様に。

生後1才を越えている娘は寝ているときに首がグラングランとなることは減りましたが、まだ小さい赤ちゃんには便利だと思います。

もちろん簡易なので、エルゴ等に比べると、チープ感はありますよ。

簡単に洗うことができる&乾くのも早い

エルゴやベビービョルンは、洗った後に乾かす時間が必要でしたが、こちらは薄手&ナイロン素材なので、乾く時間もそんなにかかりません。

夏ならば日中外で干していればOKですし、天気の悪い日でも浴室乾燥で1時間程度で乾きます。

洗う時は、洗濯ネットに入れて普通に洗濯機で洗っています。

yuukoは赤色ですが、色落ちはしてないですよ。

身体にフィットした細身アウターも着ることが出来る

yuukoはピッタリ目の服が好きなんです、特にアウター。

最近はビッグシルエットも流行っていて可愛いなぁと思うのですが、ついつい買うのはフィット感のある細身のアウター。

でも抱っこ紐を付けると細身アウターが着にくい・・・という声もありますが、

モンベルなら大丈夫!

わかりますか?

アウターは細身のきっちり系ですが、全く気にせず着ることが出来ます。

なので、抱っこ紐だから・・・といって服の大きさを気にする必要はありません。

安い

これね!大事ですよね!

元々はコンパクトになる抱っこ紐を探していたので、正直お値段は高くても仕方ないかな・・・と思っていたのです。

ですが!

これはなんと4,600円+税

めっちゃ安い~~。

税込みでも5,000円でお釣りが帰ってきます!

にもかかわらず、こんなに満足に使えるとか素敵すぎる~~

使用の際の注意点

と、yuuko的おすすめポイントを挙げましたが、最後に注意して欲しいポイントも挙げていきますね。

使用は首が座ってから!

モンベルの抱っこ紐は、「対面抱き」と「おんぶ」の2方法ができます。

「対面抱き」ならば、首が座ってから~13kg程度

「おんぶ」ならば、腰が座ってから~15kg程度

が使用の目安になっています。

yuukoはもっぱら「対面抱き」はモンベルの抱っこ紐、「おんぶ」は以前ご紹介した「さらしでのおんぶ」をしています。

とはいえ、モンベルの抱っこ紐での「おんぶ」も特に問題は無くできますよ!

2時間以上使用するには辛い

説明書にも書いているのですが、元々「ちょっと使い」を目的となっているので、エルゴやベビービョルンのように長時間使用するのはかなりキツイです。

腰ベルトがついているとはいえ、肩部分が薄いので、肩が死にそうに・・・

なので、ちょっとグズったときや、寝てしまったときの一時的なもの、という認識でいてください。

とはいえ、yuuko的にはこのモンベルのポケッタブルベビーキャリアは安いしコンパクトなので、とってもお気に入りです。

2人目の子ができたときも使いたいな~~(ってまだまだ予定はないですが)

以上、おすすめのセカンド抱っこ紐でした♩

スポンサーリンク
レクタングル大広告