買って良かったおすすめ絵本【1才~1才6ヶ月編】

こんにちは、yuukoです!

娘は1才を越えた頃から、言葉足らずなりに自分の意志を表現するようになりました。

(ジャスチャーでお腹空いた、お水飲みたい、と伝えてきたり、人差し指をピッと上に立てて、「もう一回」と要求してきたり。)

寝んね時期の頃も可愛いのですが、意思疎通ができるようになると、ますます可愛く思えてきます。

そんな娘も今1才6ヶ月となり、寝んねの時期とは絵本の読み方も変わってきました。

寝んねの時期のおすすめ絵本はこちらの過去記事☆

dassel / Pixabay

スポンサーリンク
レクタングル大広告

寝んねの時期との絵本の違いって?

赤ちゃんによって差はあるとは思いますが、yuuko娘の場合は、

寝んね時期は、色のコントラストの強いもの・繰り返し言葉が出てくる短文の絵本に興味をもっていました。

読んでいても、「ページをめくる」ことに興味を示し、yuukoの語りかけなんて一切無視してページをひたすらにめくる時期もありました。。

1才頃~になると、それまでと大きく変わってきた点は

少し長めの文章でもじーーーっとyuukoが読み終わるまで聞くようになった
今までのコントラストの強い絵本以外に、淡い色の絵本にも興味を持つようになった
絵本のセリフやyuukoのするジェスチャーの真似をするようになった

ことだと思います。

では、この3点をもとに、yuuko的おすすめ絵本を紹介したいと思います~!

おすすめ絵本【1才~1才6ヶ月編】

はらぺこあおむし

これは実は生まれてすぐに購入していたのですが、娘はまったく興味を示さず・・・

少し文章が長めなので、全部を読むまで待ってはくれず、どんどんページをめくるだけめくって、ハイ終わりー。って感じでした。

最近では、yuukoが読むのをじーっと聞いて、ページをめくってくれるようになりました。

(もちろん、聞かずにページをめくるだけめくって、ハイ終わりーのときもあります)

ノンタンおやすみなさい

「ノンタン、おやすみなさい」は、生後8ヶ月頃に寝つきの悪い娘に寝て欲しくて買いました。

当時、添い乳で2時間・・・とかだったので。。

とはいえ、生後8ヶ月の娘には絵本の意味も伝わることもなく、徒労に終わってしまったのです。

今では、「おやすみなさい」の意味を理解しているようで、寝る前に読んで、「おやすみなさい」の暗示をかけていますw

その甲斐あってか?、今では寝ようね~と部屋を暗くしたら10分で寝てくれるようになりました!

じゃあじゃあびりびり

生後間もないころから読んでいる絵本です。

今でも娘は大好きで、「読んで読んで」アピールしてきます。

1才くらいまでは、色のコントラストと繰り返し音(ジャージャーとか)を見て聞いて楽しんでいる様子でしたが、今ではお水がジャージャーする場面では「ジャージャー」と言いながら手を上下に振って水を表現したりしています。

ちなみに、紙のビリビリ・・・という場面では、なぜか「ピチャピチャ」と言いますw

yuuko的には雨音にしか聞こえないのですが、それも成長過程の面白さかな、と考えています。

いないいないばぁあそび

ページをめくりながら、「ばぁ~」と言ったり、自分のお顔をお手てでかくして「ばぁ~」と言ったり、yuukoの顔を隠してきたり・・・と、その時の気分によって色々な楽しみ方をしています。

どんどこももんちゃん

たまたま本屋で見つけて、娘に何回か読んでいると・・・

最後のママにギュっとするシーンで、突然ギュッと抱き着いてきたんです~~~涙

嬉しすぎて感動でした!

まだまだ小さい身体と、「上手に真似できたでしょ?」と言わんばかりの表情がなんとも言えず、娘の「もう1回!もう1回!(読んで)」攻撃も苦になりません。

今では、ももんちゃんが走っているときに一緒に走る真似をしたり、頭を打つ場面では「アタタタ」と言って頭に手を当てたり・・・と真似っこのバリエーションが増えました。

※ちなみに、ももんちゃんがなんでそんなに急いでいるかは・・・本の後ろを見てみてください♩

にゃんにゃんにゃんわん

出産祝いでいただいたのですが、ページをめくって出てくる動物の鳴きまねをしています

とはいえ、まだまだおしゃべりできないので、ほとんどの動物はワンワンになっていますが。。

これからワンワン以外に言える言葉が増えるともっと楽しく遊べそうです♩

だるまさんシリーズ

この絵本は、以前もご紹介しているのですが、はっきり言って絵が可愛くないんです。

が、娘の食いつきが一番良いのはこのシリーズだったりします。

今では「だ~る~ま~さ~ん~の」というシーンでは一緒にユラユラしたり、「歯」を指さしたり・・・と、だるまさんシリーズの全シーンを真似するようになりました!

いやぁ、可愛いですよ。ほんと。

ぽんぽんたいこ

絵本・・・ではないのですが、こちらも大好きなものです。
音楽に合わせて手をたたいたり、太鼓をたたいたりと飽きずに遊んでいます。

音楽に合わせて歌って2人で楽しんでいます(yuukoは何回も歌わされるので、喉が乾きますが)

いかがでしたか?

ついついyuukoは、「勿体ないし長く読んで欲しい」との思いで少し先の絵本を買ってしまったこともありました。

でも結局、子どもは読まない・興味を持たなかったら意味ないですよね。

子どもの成長の時期に合った絵本を読んであげる事が、子どもの発達の補助になるのかなと思います。

ぜひ、お子様の興味のもつ絵本をたくさん読んであげてくださいね!!

スポンサーリンク
レクタングル大広告