冷え&疲れ対策に「玄米カイロ」がとってもおすすめ

ご無沙汰してます、yuukoです!

最近は暖かい天候かと思えば15度を下回る寒い日が続いたり…と服装に困る日々です。

急に秋を通り越して冬がやってきた気分。。

朝起きるたびに

「頑張れ自分」

と気合いを入れる日々でもあったりします。

・・・って書いていたのは昨年の10月(えっ

もう2018年1月も終わりだというのに・・・汗

久々ですが、徐々に更新していきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

冷え性が改善?「玄米カイロ」

一昨年の冬からyuukoが度はまりしているものがあるんです。

それは、

玄米カイロです。

元々、”小豆カイロ”は使用していたのですが、

それも年数が経ってしまったので買い換えを検討していたときにネットで見つけました。

↑ちなみに、yuukoが長年愛用していた小豆カイロ「あずきのチカラ」。
たしかドラッグストアで発見して即買いし、5~6年使用しているような。。

↑今回購入したのはこれ。

ちょっと高いなーー、自分で作れそうだなーとは思ったのですけど。

(じゃあ自分で玄米買って、布買ってきて縫うか?という手間より、ネットでポチ…を選んだのですが。。)

こ、れ、が!

めっちゃ適度な温かさですっごく気持ちいいんです!!

復帰してからは娘と寝落ちする日々・・・疲れが取れない・・・

仕事に復帰してからは、娘を寝かしつけているときに一緒に寝落ちしてしまっている日々のyuuko。

「今から寝るぞ」っていう気持ちで寝ていないからなのか、「しっかり寝ている」感が薄く、毎日朝起きても疲れが取れていなく。

で、その疲れがイライラとなり、旦那さんにあたる…(えっ

という悪循環でした。

また、夜中に娘が起きてしまい、寝かしつけをしているうちに自分の目が冴えてしまい、中途半端な時間(2時とか4時とか)から寝れない…ということも。

最初は、

せっかく目が冴えたんだし!

と張り切って作り置きご飯を作ってみたり、本読んだりしてたんですけど。

結局その分の疲れは後々出てくるんですよね。

やっぱり寝るべき時間は寝なければならない、と実感しました。

「玄米カイロ」を買ってみました

そんな中、今までは小豆カイロや機械で目や首筋の疲れをとっていたのですが、玄米カイロで下腹部を温めるのが良いとのことで、試しに購入。

今では、寝る前に玄米カイロを使用しています。

大きさはこんな感じ。

お腹にのせるとこんな感じ。

おへその下らへんの下腹部にのせるのも良いんですが、おすすめは股関節らへんです

じんわ~~り暖かくて気持ちいいんです♩

プラシーボ効果じゃないんですけど、

寝るときに玄米カイロをお腹にのっけると、「さぁ寝よう」と頭も身体もスイッチが入る感じがして、朝の目覚めも爽やかな気がします

※あくまでもyuukoの経験上、です。

また、下腹部を温めることで、子宮を温めることになり、女性にとっても良いことだらけ!

yuukoは次の子も欲しいなぁと思っているので、子宮=赤ちゃんのベッドを快適な環境にできるのではないかな、と思っています。

娘もお気に入りのようで、玄米カイロを持ってきては

「チンして!」

と言います。

お腹に乗せてゴキゲンで「あったかいね~」と言ったりしてます。

このまま寝ることも・・・(この日もそのまま昼寝してました)

温かさは20分くらいなので、じんわりと気持ちよく眠りにつけるのかもしれませんね。

「玄米カイロ」の使い方とコツ

使い方はとっても簡単です!

電子レンジでチンするだけ!(600wで2分程度)

簡単~♩

ちなみに服の上に玄米カイロを置くのですが、人によったりその日の体調によっては熱く感じることもあります。

なので、1分30秒~2分くらいの間で調整し、かつ熱く感じたら、タオルを巻いてみる等してください。

(特に子どもは低温やけどになる可能性も高くなるので、タオルを巻く、もしくはレンジの時間を短くする等調整してあげてください!)

玄米の良い匂いでリラックスしますよ~~!!

また、温めるだけじゃなくて冷たくして使うこともできます。

その場合は、冷蔵庫で冷やして使ってください。

熱で火照ったときなどに使うと冷たすぎずとっても気持ちいいです。

最後に、使用するときの注意点なのですが、

カバーを使った方がより長く使えると思います。

私は面倒でついついそのまま使用しているのですが、服の上からとはいえ、ちょっと汚れてしまうんですよね~。。

(娘が何のベタベタかわからない手で触ってきたりとか・・・)

なので、カバーを買うか、作るか、することをおすすめします!

以上、yuukoのおすすめ品でした☆

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告